Category Archives: エステの種類

フェイシャルエステの専門用語③

今回も引き続きフェイシャルの用語についてです。
エステで人気のあるリフトアップについても解説します。

●リフトアップ(小顔効果)

ストレスや加齢によるたるみやシワ、ハリのない萎んだ肌をマッサージによってリフトアップする方法です。崩れたフェイスラインをきゅっと引き締め、若々しいフェイスラインを作るため全体的に小顔効果が見られます。
スチーマーで肌に潤いを与えつつヒアルロン酸やセラミド、レチノールなどの美容成分を併用する方法が一般的ですが、中には高周波技術を用いてたるんだコラーゲンを収縮し、肌を引き締める外科的方法もあります。
他にはエステではありませんが、外科手術で糸を使って吊る方法もあるようですね。

●リンパドレナージュ

「リンパドレナージュ」は、リンパ液の流れを活性化させるためのマッサージです。
ドレナージュはフランス語で排出という意味です。マッサージによって体を温めリンパの動きを活性化させ老廃物や異物を排出しやすくするのがリンパドレナージュの目的です。
上記のリフトアップにも通じますがリンパや血液の流れがよくなることで肌にも影響が出てきます。
リラックス効果もあるおすすめできるメニューの一つでもありますね。

フェイシャルエステの専門用語②

今回も引き続きフェイシャルエステの用語について解説していきます。
これぞエステというよく聞く言葉も出てきます。

●ホワイトニング(美白)

前回解説したディープクレンジングなども美白効果があります。クレンジングで白くなるのは古い角質が落ちることで痛んだり汚れたりしたものが落ちるからです。言うならばマイナスの施術です。そしてホワイトニングと呼ばれるものは、美白効果を持ったホワイトニング剤を塗布し、マッサージをするのが主な内容です。お肌に成分を入れるような内容なので、いわばプラスの施術になります。後々解説します「イオン導入」も美白効果のあるプラスの施術です。
こういったホワイトニング剤を使ったマッサージで、肌のくすみやシミ・そばかすを解消するのがホワイトニング(美白)と呼ばれる内容です。今あるくすみやシミ・そばかす対策になることはもちろん、美容成分を肌に入れることは日焼け後のケアや紫外線を浴びて乾燥した肌のケアにも効果的な方法です。
効果的に美容成分を入れるには、古くなったものをちゃんと落とすクレンジング(マイナス)、の後ホワイトニング剤のマッサージ(プラス)がとても効果的です。
フェイシャルエステの美白コースではこの二つはセットになっていることがほとんどです。

このようなサイトではセルフエステとも言える、自分で行うホワイトニング用の化粧品を買うことも出来ます。
http://www.beautygarage.jp/ws/cosme/ctgry/LP2

フェイシャルエステの専門用語①

前回まではエステの内容自体でしたが、今回からは付随する専門用語について書いていきます。
エステとはどうしても専門的な部分が出てきてしまうので、事前に知っておくとセラピストとのやり取りや自分で調べるのにもとても有効でしょう。

●クレンジング

日常生活においてもクレンジングは毎日することだと思います。
化粧品は油分なので水や洗顔フォームだけではきちんと落とすことが出来ません。
そのためにクレンジングが必要です。
エステサロンで行うクレンジングは、マッサージを念入りにしながら行います。
普通には手に入らないサロン専用のクレンジング剤なら、クレンジングのもうひとつの目的である古い角質も自宅でのクレンジングと違いしっかりと取り除くことができます。

●ディープクレンジング

「ディープクレンジング」と称して最近では専用のマッサージや超音波マシンにより、たっぷりと時間をかけてクレンジングすることを「ディープクレンジング」と呼んでいます。フェイシャルエステサロンでは定番ともいえるほど頻繁に行われているメニューです。
美肌になるために、クレンジングは欠かすことのできないとても重要なものとして捉えられているのです。
古い角質や化粧汚れなどは黒ずみ、シミ、ニキビなどの原因となります。
こういったものをしっかりと落とすことが必要です。
汚れがしっかり取れていないお肌では、どんなに質の良い美容液があってもしっかり浸透されません。

ここでも詳しく書かれているので、見てみるのもおすすめです
http://allabout.co.jp/gm/gc/7803/

フェイシャルエステの説明④

今回でフェイシャルエステの具体的なメニュー、効果などについては最後になります。
今回は意外にも求める方の多いリラクゼーション効果についてです。

リラクゼーション

キレイになりたいと願い、美肌や小顔効果を求めてフェイシャルエステに通う方は多いですし、皆さんがイメージしやすい内容でしょう。実際フェイシャルエステではそのような方が大半ですが、実はリラクゼーションを求めてエステに通う方も多いのです。

エステというのは安いものではありません。頑張っている毎日にご褒美として食事や買い物をすることも多いと思いますが、エステもそういったご褒美となりえます。日常からすれば中々の贅沢な時間ですしね。精神的にもいいですし、肉体的にもフェイシャルエステのマッサージを受けると顔のコリがほぐれます。そして血液やリンパの流れもよくなることで実際に調子もよくなります。
キレイになり心身のリラックスを得られる、これだけでも充分効果的です。さらに精神面と肌の調子は密接に関係しているため、リラックスをすることでさらにキレイになるわけです。
施術中は何も考えずマッサージを受けているわけですから、とても優雅な癒しの時間ともいえますね。

以上でフェイシャルエステの種類については終了です。
次回からは専門用語について解説いていきます。

フェイシャルエステの説明③

今回もフェイシャルエステの具体的なメニュー、効果などを説明していきます。

●アンチエイジング

アンチエイジングとはよく聞く言葉です。エステサロンにおけるアンチエイジングとは、たるみ・下がった眉や二重あご・ほうれい線に代表されるシワ・しみ、顔面積の変化など老け顔となるものを、そう見えないように上げる、消す、進行を遅らせるなどの施術内容です。

シミ・シワ・たるみ・毛穴の開き・くすみなど様々な現象が年齢を重ねるとお肌におきてきます。
なんでもそうですが素早い対処が重要です。特にアンチエイジングでは重要です。いくらエステといえども50代の肌を10代にすることは出来ません。加齢による衰えは放っておいて改善することはありません。長くキレイでいるためには早めのケアが重要です。自分で出来ることに限界があるのでそこで有効なのがエステです。自分では出来ないスペシャルなケアを受けることが出来ます。
更に現在は技術もどんどん進んでいますし、美容機器も進歩しています。アンチエイジングフェイシャルを受ける、受けないでは雲泥の差が出るでしょう。
そしてエステを受けた後には自分の顔にびっくりすることでしょう。
人気がある理由が分かると思います。

次回でフェイシャルエステの説明は終了です。
お楽しみに